Naba Blog

Programming, Compose, Travel

【Minecraft】Sonic Ether's Unbelievable Shaders v10 RC7 のお話

※今回画像多めです、ごめんなさい。

どうも、リアルが忙しかった私です。

気付いたら、影MODで有名なSonic Ether's Unbelievable Shadersが、
Minecraft 1.4.7のGLSL SHADERS MOD MODIFIEDに対応した、 SEUS v10 RC7 Ultraというシェーダーパックを発表しました。

私が今までの記事で使っていたのは、v10 RC6のバージョンだったので、期待大です。

ということで、需要があるかどうか分かりませんが、

RC6とRC7、何が変わったのかを自分なりに簡単にまとめてみます。

【水の透明感が更に増した】

↓RC6(今まで)

f:id:naba0123:20151011211804j:plain

↓RC7(最新版)

f:id:naba0123:20151011211803j:plain

ほぼ同じ時間帯のものです。色も若干異なっていることがわかります。

v10では、海底はほぼ黒で表示されるようです。

【夜の色合い、松明の明るさが変わった】

↓RC6

f:id:naba0123:20151011211806j:plain

↓RC7

f:id:naba0123:20151011211805j:plain

夜が非常に明るくなってます。v8では、正直明るさがない場所での行動は、かなり危険でした。

逆に、松明の部分はとても明るく、安心感のあるオレンジでした。

これが、v10になって、全体的な月明かりが非常に強くなり、たいまつがなくても行動は一応できるようになりました。

しかし、松明のあかりがほとんど無いに等しく(自分の設定ミスがあるかもしれませんが)、

松明派の自分はちょっと残念です。

【明順応・暗順応】

よく、暗い場所から明るい場所に行くと、明るすぎて何も見えない!っていう経験、あると思います。

それが、再現されました。

↓RC6

f:id:naba0123:20151011211809j:plain

↓RC7

f:id:naba0123:20151011211808j:plain

自分が暗い場所にいる場合、明るい場所は、とくに強調されて明るく表示されます。

逆に、明るい場所から暗い場所を見ると・・・

↓RC6

f:id:naba0123:20151011211811j:plain

↓RC7

f:id:naba0123:20151011211810j:plain

のように、真っ暗になりました。

このまま暗闇に行くと、だんだん暗闇が明るくなり、暗順応というものが再現された・・・ような気がします。

全体的に、気に入った点としては、

明順応・暗順応が素晴らしい

水の反射が綺麗

太陽がまぶしすぎなくなった

の3点です。

気になった点は、

夜の松明が非常に意味をなさなくなってしまったこと

などですねー。

とりあえず、夜のたいまつがちょっと残念なので、まだRC6でやっていきたいと思います(