Naba Blog

プログラミングとか作曲など色々

【PSO2】「狡猾なる黒翼の尖兵」感想

ついに配信された新DF「狡猾なる黒翼の尖兵」ですね。

漢字力のない私は早速検索して、

「こうかつなるこくよくのせんぺい」という読み方を知りました(小並感)

そんな私は野良PTへ。

そして始まった…が、なんだこの上の表示は!?

おらすっごいワクワクしてきたぞ!

f:id:naba0123:20151011222008j:plain

いいですねこの表示。

最初はなにかと思いましたが、第一段階アポス・ドリオスの撃破%だそうです。

アポス・ドリオスには希少種が存在しますね。

f:id:naba0123:20151011222010j:plain

アポストル・トリッツァー・・・すごく・・・真っ赤です。

どうしてダーカー系の希少種はみんな真っ赤なんでしょうか・・・。

アポス・ドリオス戦は、安定して(?)5分で回れるようになりましたね。

6回は回せると思います。

しかし、8鯖のみんなは頑張ってくれない!!

2回とも残念ながら撃破率100%に届くことはありませんでした…。

撃破率が100%を超えると本物のルーサーが出てくるそうですが、

今日は本物のルーサーには会えませんでした。

まぁ、慣れてくれば100%を超えることも出来るでしょう。

本体戦はとにかく死ぬ。

いや私のPSが無いというのも分かっていますが、こりゃ死ぬね。

初めての本体戦はリアルに12人全員のムーンが無くなるかと思いました。

ってか時を止めるのガードのタイミングワカンネ。

そんなこんなで初めての偽ルーサー戦は21分でクリア。

突然の記念撮影でもPrtSrcのボタンはちゃんと押せました(満足

f:id:naba0123:20151011222013j:plain

これがリアルの世界だったら普通に顔出しなんだよなぁ・・・。

って考えるようになってきたってのも危ない発想だね(小並感)

おまけ。

胸の格差を知りました。

f:id:naba0123:20151011222005j:plain