Naba Blog

プログラミングとか作曲など色々

PHPStormは1ヶ月の体験期間が終わっても(一応)使える

PHPStormは非常に優れたPHPの統合開発環境として有名です。
私も会社で使っています。

www.jetbrains.com

PHPStormは契約制で、個人利用であれば年間1万円弱だったような気がします。
2016/01/04 追記:新規ライセンスは1万円超えてました


いきなり契約するのも酷なので、PHPStormは1ヶ月間の体験期間があります。
その間に機能を試して、気に入ればライセンスを購入して引き続き使えるというわけです。


会社でPHPStormのライセンス購入申請を出しましたが、間に合わずインストールから1ヶ月が経ってしまいました。

この1ヶ月間はちゃんと時間まで計測されていて、たとえ起動中であっても、インストールした日時から丁度1ヶ月後に突然以下のダイアログを出して終了します。
(自宅のPHPStormも丁度ライセンスが切れたので、そっちで撮ってます)

f:id:naba0123:20160104214817p:plain

この時プロジェクトはちゃんと保存されているようです。そこは優しかった。


ライセンスが届くまではテキストエディタかーと思いつつ再び起動すると、以下のダイアログが出ました。

f:id:naba0123:20160104212706p:plain:w500

どうやら、ライセンスが切れても30分間は使えるそうです。


OKを押してPHPStorm起動。
ライセンスを確認すると、「期限は今日」の文字。なお、これは期限が切れて数日してもずっとこのままでした。

f:id:naba0123:20160104213034p:plain

そして使い始めてから30分後、ちゃんと?先ほどと同じダイアログが出て終了しました。



結論から言うと、PHPStormは1ヶ月の体験期間が切れても使うことが出来るということです。

しかし、30分毎に起動するのは実に面倒くさいですし、何より作業効率落ちます。イライラします。

なので、あくまでも救済措置と考え、気に入ったならば引き続き使いましょう、というお話でした。