Naba Blog

Programming, Compose, Travel

Windows 10 MobileからWindows 10 Proへリモートデスクトップで接続するまで

Windowsストアには、Microsoft純正のリモートデスクトップアプリが存在します。
このアプリを使って、Windows 10 Proデバイスに接続をしてみます。

f:id:naba0123:20160218230206p:plain:w450

インストール

Windwos 10 Mobile端末から、ストアにアクセスし、「リモート デスクトップ」と検索すれば出てきます。
「リモート」と「デスクトップ」の間に半角を入れないとヒットしません(リモートだけでヒットしますけどね)。

f:id:naba0123:20160218230324p:plain:w400

f:id:naba0123:20160218230317p:plain:w400

インストールをすれば、完了です。


PC側の設定

今回、接続先にはSurface Pro 4を使用しており、Windows 10 Pro端末です。
Windows 10 Homeではリモートデスクトップの接続側にはなれませんので、注意してください(以下で説明する設定項目が存在しません)。

「システム」画面から、「リモートの設定」を選択します。

f:id:naba0123:20160218231235p:plain:w450

「このコンピュータへのリモート接続を許可する」にチェックを入れます(この項目がHome版には存在しません)。

f:id:naba0123:20160218231346p:plain:w450

リモートで接続するユーザーが、今ログインしているユーザー以外の場合は、「ユーザーの選択」から追加するとログイン出来るようになると思います(試してないです)。

PC側の設定は以上です。


ポート開放

LAN内からリモートデスクトップをする(どういう状況だ)のであればポート開放をする必要はありませんが、大抵は外出先から接続することがほとんどだと思うので、ポート開放が必要です。

リモートデスクトップはポート番号3389番と決まっているので、ルーターでポート開放を行いましょう。

f:id:naba0123:20160218231820p:plain:w450

画像は例です。BUFFALOのWHR-G301Nを使用しています。

「LAN側IPアドレス」は、接続したいPC(今回の場合だとSurfaceのローカルIP)を指定します。
コマンドプロンプトで「ipconfig」と打てば出てきます。

f:id:naba0123:20160218232033p:plain:w450

追記)VPNを使用すればもっと安全になると思います。


グローバルIPの確認 or DDNSの設定

ひとまずテストで接続出来れば良いのであれば、今のPC側グローバルIPを確認します。
「グローバルIP 確認」などと検索すれば出てきます。ルータで見ることも出来ます。

www.cman.jp

常用するのであれば、ダイナミックDNSとして、ドメインを取得する手もあります。
が、今回の話の筋とは外れるので、割愛します。


接続

それでは、Windows 10 MobileからWindows 10 Proへリモートデスクトップで接続したいと思います。

アプリを起動して、下の「+」ボタンから設定を追加します。

f:id:naba0123:20160218232933p:plain:w400

「デスクトップ」を選択します。Azureの仮想PCにもアクセス出来るんですかね?(やったことないです)

f:id:naba0123:20160218233039p:plain:w400

「PC name」には、先程確認したグローバスIP、もしくはDDNSドメインを入力します。
「Credentials」は資格情報です。他の設定で入力した資格情報を使うこともできます。
今回は、初めてなので、とりあえず「Enter every time」のままにして下の保存ボタンを押して保存します。

f:id:naba0123:20160218233513p:plain:w400

アプリのトップに戻るので、先程作られた設定をタップします。

f:id:naba0123:20160218233544p:plain:w400

初めての接続の時は、資格情報の入力画面になるので、PCのログイン時に使っているアカウント(大体Microsoftアカウントだと思いますが)を入力します。
「Save credentials」にチェックを入れておくと、別の接続先でもこの資格情報の設定を利用することが出来ます。

f:id:naba0123:20160218234539p:plain:w400

さらに進めると、初回のアクセス先なので信頼できないけど大丈夫?(多分)と聞かれるので、connectを選択します。

f:id:naba0123:20160218234831p:plain:w400

接続完了です。

f:id:naba0123:20160218235237j:plain:w450

f:id:naba0123:20160218235245j:plain:w450

f:id:naba0123:20160218235253j:plain:w450


使い勝手については、他の方が説明してくださっているので、そちらを参照して下さい。
追記)こちらの記事は、新しいMicrosoft Remote Desktop Previewの記事のようです。

blog.kazuakix.jp

もちろんですが、リモート接続中は、本体のPCはロックがかかって操作は出来ません。

Surfaceの前に座り、テストするために目の前のSurfaceにリモート接続すると、Surfaceがロックがかかると同時にWindows Helloが反応してロックを解除し、リモートデスクトップが切断されるということもなるかもしれないので、注意してください。